ペットが飼える賃貸物件では、ペット可、あるいは、ペット相談として、物件情報に記載されています。

賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!
最新トピックス
賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!

ペットがいる場合について

時代を象徴するとも言えるのが、ペットが飼える賃貸物件が増えたことでしょう。
かつてであれば、賃貸でペットを飼うことができないのが、当たり前でした。
けれども、近年では、それが逆転した状態でもあるようです。
時代の変化とは、こういうことをいうのでしょう。
しかも、新築案件であれば、ペットが飼える方が、入居者が多いようです。
変われば変わるものとも言えるでしょう。
原因には、いくつかのことが考えられますが、少子高齢化やペットブームなどが大きく影響しているようです。
今では、多くの人が犬や猫などを飼い、自分の子供のように育てている人も多いようです。
そんな賃貸物件でペットを飼うためには、物件情報をきちんとチェックすべきでしょう。
大きく分ければ、二つの記載があります。
一つは、ペット可であり、その通り、ペットが飼える物件です。
もう一つが、ペット相談です。
これは、ペットを飼いたい場合などに、オーナーなどに相談し、許可を得るもののようです。
しかし、ペット可でもペット相談でも、ペット面接が実施されることもあります。
これは、実際にオーナーなどと会うことで、申請通りのペットであるのか否かが確認されるものです。
また、ペットが飼えるのが当たり前のようになりつつありますが、敷金が高めになる傾向があります。
これは、ペットがいることで、損傷がひどくなるのでは、と考えられているからのようです。
当然、ペットが傷つけたものの修繕費用も、状況によって、敷金から充当されるようになることもあります。