現状回復に関しては、公的機関からも一定の見解が出ているとおもいます。

賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!
最新トピックス
賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!

公的機関の見解と対応

社会で通用することは、公的機関が認定していることでもあるのでしょう。
もっとも、それが必ずしも正論ではないことは、言うまでもないかもしれません。
しかし、公的機関が認定しているということは、それだけ権威を持つものと解釈することができます。
賃貸に関しても、そういう公的機関からの見解があり、現状回復に関係するものがあります。
それが国交省が公開しているガイドラインになります。
これは、法律に匹敵するような効力はありませんが、国交省が示しているからには、公的な指針であるとも言えるでしょう。
賃貸人にも賃借人にも、現状回復の範囲があることは、このガイドラインでも述べられています。
すでに、このサイトでお話したことは、このガイドラインにも沿ったものです。
賃貸人が建物に関するものに責任があり、賃借人が生活に関するものに責任があるようになっています。
また、東京都においては、このガイドラインに沿って、条例が制定されています。
条例であるからには、それなりに強い効力があり、東京都独自の法律のようなものです。
したがって、一定の強制力が伴うことは否めない事実のようです。
ただし、国交省のガイドラインは、一般的なことであるようです。
東京都の場合、東京の事情に合わせたものであり、完全にガイドライン通りのものではないようです。
したがって、若干の違いもあるため、東京で賃貸物件を利用するのであれば、一度確認しておくことも、大事なことでしょう。