賃貸のトラブルを解決するために、裁判の前に、種々の相談窓口を利用することができます。

賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!
最新トピックス
賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!

トラブルを解決するには

できれば、トラブルを避けたいと思うのが、多くの人の気持ちでしょう。
仮にトラブルが行ったのであれば、我慢できるものは我慢してしまう人も多いことかもしれません。
しかし、どうしても、そういうことができず、できるだけ解決したいと思うことも確かでしょう。
賃貸においても、トラブルが起こる可能性があります。
しかも、思いもしないところで遭遇してしまい、大いに戸惑ってしまうケースもあり得ます。
特に、賃貸の集合住宅であれば、敷金などを巡った賃貸人とのトラブルばかりでなく、入居者同士のトラブルもあります。
そういう場合、当事者同士でなく、第三者の知恵を借りることも大事なようです。
そのための相談窓口などもあります。
たとえば、役所の相談窓口があります。
法律相談もあれば、生活相談もあります。
いきなり法律に関わるもので相談するのでなく、まずは、生活相談を使うことが無難かもしれません。
あるいは、公的機関とも言える国民生活センターもあります。
電話をすることで、担当者が然るべきアドバイスをしてくれるかもしれません。
ステップアップ的な対応が可能であることを知ることもできるかもしれません。
しかし、これらは、あくまで第三者の意見です。
解決のための、介入はしない立場であることを十分理解しておくべきでしょう。
なお、最終的な解決手段としては、裁判があります。
賃貸であれば、少額訴訟となるケースが多いため、簡易裁判所に訴える形となります。

おすすめ情報