賃貸において、賃借人に対し、善管注意義務が課されているようになっています。

賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!
最新トピックス
賃貸契約☆退去時のありがちトラブルを未然に防ぐ!

善管注意義務とは何か

日本は法治国家であるため、法律基づいた行為が求められています。
賃貸もまさに、法律行為の一つであり、当然、法律に違反したものがあれば、罰則対象となることは確かです。
そんな法律の中には、善管注意義務というものがあります。
これは、自分が担当していることなどに対し、十分注意を以て事に当たるべきということです。
つまり、何らかの物などを使用するのであれば、責任を以て行うべきということです。
実は、賃貸においても、善管注意が義務が関係します。
つまり、賃借人は、賃貸人から所有物件を金銭で以て借りているため、返すまでは、きちんと使用すべきということです。
このサイトでも触れているように、原状回復とは、まさにこの善管注意義務が関係します。
賃借人は、退去する際に、再度生活ができる状態に回復することが求められています。
賃貸人にすれば、別な人へ貸し出すことで収益を得ているため、非常に大切なことでしょう。
仮にこれが守られない時に、敷金が利用されるようになっています。
いずれにせよ、善管注意義務というものが、賃借人には関わってきます。
実際、こういう善管注意義務は、賃貸のみならず、会社関係でもあります。
特に上司であれば、部下に対し、善管注意義務があるとみなされます。
したがって、部下の過ちを上司が責任を持つことは、当然のことでもあるようです。
ともかく、賃貸物件を使用するのであれば、きちんとしながら、使用すべきであるようです。
義務となっていますが、ある意味、人からの借り物であるため、常識の一種とも言えるでしょう。